自分好みでは駄目

家庭やファミリーなどがターゲットの場合に日本の家庭はだいたいが女性のほうが財布の
紐を握っていることも多く、かなり高額な買い物以外は女性に訴えかけるような
ちらし広告のほうが効果があると言われています。

もちろんターゲットが子供などの玩具の場合も、親の目線で子供にどういった影響がある
ものなかなど説明することが大事ですね。

ですから女性向けに作られてるデザインなどが多いと思います。
男性向けの場合はどちらかというと黒などが多く配置されているデザインが多くなります
が、世の中にそんなに多くの黒ベースのデザインはありません。
どちらかというと淡い印象を持たせるものが多いのではないでしょうか。

中には明らかにターゲットは家族や女性であっても黒っぽいデザインにしている場合もあ
りますが、制作する側が男性でそういった制作サイドの好みで作られているような場合も
あります。

ちらし広告は当然ですがターゲットに合わせることが大事です。
制作サイドの好みで作っていては効果は望めません。
自分の好みで作るのは単なる自己満足で、結果も期待したものにはならないことが多いです。
自分の好みや主観ではなく、ターゲットになる人が見てどう思うかを考えて作ることが大
事ですね。

ちらし広告が重要な提示になる

先日宅配でお寿司を注文したら一緒にクリスマスと年末年始にお寿司を勧めるチラシも渡
されました。
やっぱり時期ですよね。
通常クリスマスと言えばチキンとかケーキとかですが、やっぱり日本人はお寿司が好きで
すからクリスマスにかこつけてお寿司を食べるという人もいることでしょう。

年末年始はお節料理などが一般的ですが、やっぱりお寿司も日本料理の代表のようなもの
ですから人が集まったりなどで注文したりもしますよね。
昨年はなんだかんだでお寿司を注文してしまいましたからね。

何を言いたいのかと言うとこういった時期は商機が高く、宣伝することが非常に大事であ
るということです。
ちらし広告を渡されたことでお寿司にするという選択肢も出てくるようになります。
クリスマスの料理はチキンではなくお寿司になる家庭も出てくるかもしれないということ
ですね。
宣伝しなければ、お寿司という発想を持たない人もいたことでしょう。

だからちらし広告は凄く重要なのです。
新たな選択肢や可能性を提示してあげることで、売上アップにも繋がるわけですね。
そして予約して貰えるということは食品などに関してはロスを軽減することが出来ますの
で非常に利益を考えたときにも有効であるということです。
注文数が決まっていれば食材の仕入れもそれに焦点を合わせればいいわけですからね。

どのような時に使う、どのような人への商品なのか明確に

ちらし広告で重要なことはどんな商品なのかを知らせることではありません。
ちらし広告では商品の内容を掲載することは当たり前のことですから、それだけでは売れ
るちらし作りにはならないのです。

商品をどんな時に使うのか、どういった人に必要な商品なのかを説明することが大事なの
です。
どんな時に役に立つものなのかを記載することによって、商品を購入してどんな風に使っ
ているのか、購入後の自分の姿を想像しやすくなります。

人は必要のないものは購入しませんから、必要だと思って貰えるような提案をすることが
大事なのです。
そいて、どういった人向けなのかということを記載することで、実際に記載されているこ
とに合致する人は、そのチラシが自分に向けて情報発信をしているものだと認識してくれ
るようになります。

そうなるとチラシもじっくり見てくれるようにもなります。
数あるチラシの中でじっくりと見て貰うというのはなかなか難しいものです。
しかし、ターゲットへ向けた明確な表示があることで、ターゲットになる人は共感を感じ
てくれるようになりますから、そのチラシに対して時間をかけて見てくれるようにもなる
のです。
ちらし広告は見て貰えなければ始まりませんよね。

どれだけ人を集めることが出来るのかが重要

ちらし広告はお店であれば、集客に使うことが多いですよね。
目玉商品などで多くのお客様を呼ぶことで、他の商品も売れるようになったりします。
お客様が多くなるということは、欲しいと思っている商品というのは人それぞれだったり
しますので、普段はたいして売れないようなものまで売れてしまうという効果があるのです。

私が今まで忙しかったと感じたのは、昔働いていたお店なのですが、お正月に行うセール
でものすごい人が来店しました。
もちろんちらし広告も大々的に打っていますので、かなりの集客になるだとうと予想は出
来ましたが、売れ筋商品がどんどん無くなっていくと、次の売れ筋という具合にどんどん
普段は売れないような商品まで売れていくのです。

財布の紐が緩くなっている時期でもありますが、普段ならその人も購入しなかたのでは?
と思えるような状況になるのです。
回りが購入していることで、購入意欲が伝染するのだと思います。
ついつい余計なものまで買ってしまうという心理状態になってしまうわけですね。

ですからチラシというのは、どれだけ人を集めることが出来るのかということが重要にな
ってきます。
目玉商品というのは、それ単体では赤字でもそれだけ効果が高くなる要素があるのです。

宣伝は必要不可欠なもの

テレビの視聴率というのは昔に比べて落ちてきていますが、そのぶんネットなどに時間を
費やす人が増えました。
今はネットを使えば動画も見れますし、いろいろなニュースも見ることが出来ます。

また、ゲームをすることも出来れば、買い物もすることが出来ますから何でも出来てしま
うわけですね。
いろいろ出来るため、多くの人がネットに時間を割くようになったとも言えます。
ですからテレビが強い時代は終わったのかもしれません。
そうなると必然的に広告媒体もネットが急成長している要因もわかりますね。

かといってちらし広告が大きく減少しているわけではないと思います。
残念ながら新聞を使った配布に関しては購読層が減っているということもあって、新聞折
込は減ってきているかもしれません。

また、自分達で配布するなど努力しているところもあります。
中には手作りで作ったチラシを配布しているとこもありますね。
経費削減なのかもしれませんが、手作りのちらし広告は中には痛いものもありますので、
あまりお勧めはしませんが、なんといってもビジネスをする以上は宣伝はかかせないもの
になります。

いつの時代も宣伝は必要不可欠であり、媒体は変わっても結局は無くならないものでもあ
りますね。

増税のチラシのキャッチコピー

今年は暑いですね。
暑いとエアコンなどで電力の需要がかなり増えますが、節電要請までは出ない状態まで復
活してきましたね。
とはいえ燃料を海外から輸入に頼っていますから貿易収支は赤字になってしまっています
が、貿易赤字は日本では震災以前ではあまり考えられない状況でしたよね。

そして今は円安傾向ですから、当然輸入するにも高くついてしまうわけですね。
電気代の値上げなど庶民の生活は、すこしずつ厳しくなっているような気もしますね。
そして来年度に控える消費税の増税がどうなるのかということも気になるところです。
ちらし広告にも当然増税したら影響してきますよね。

少なくとも増税になるとものの値段は増税分あがるということになりますし、増税で値上
げですので会社が儲かるわけではなく、消費者に給与に反映されるわけでもありませんか
らなかなか大変な状況にもなってきますね。

そして消費税還元といった謳い文句は使用禁止ということまで出てきていますから、
ちらし広告のキャッチコピーを考えるときも、制限のあるなかで考えなければなりません。
意外とちらしに影響が出ることだと思いませんか?

ものの値段もあがりチラシのキャッチコピーも制限されるとなると、チラシを作る際には
柔軟な発想が求められますね。

ちらしは邪魔なもの?

ちらし広告というのは、自ら宣伝することですよね。
ちらしの場合は、当然ですが欲しくない人に対しても配布してしまうということがあります。

ですから敬遠されるものでもあるわけです。
街中でビラ配りなどをしているのは、なかなか受け取る人が少ないですから、少しでも受
け取って貰いやすいようにティッシュなどにしているわけですよね。

夏などには工夫をしてうちわなどを宣伝に使うということもあったりします。
使って貰えるものを渡すことによって、受け取りやすく工夫をするわけですから、ただの
ちらしでは、なかなか配布は難しいということから、配布を新聞折込などにしたりして半
ば強制的に配布をする方法を使うわけです。
言い方は悪いですが、ほとんどの人にとってちらし広告というのはいらないものでもある
のです。

ですが、なかには欲しいと思っている人に届いたちらしは、ちょうど良かったと思ったり、
値段が安くて得した気分になるなど、なかにはこんなちらしを待っていたと思ってくれる
人もいるのです。

ですから、そういった人をターゲットにして、チラシを作っていくことが大事なのです。
商品のターゲットになり得る人に向けたチラシデザインであったり、文章なども求められ
るということですね。

捨てられないちらし

ちらし広告といえば、昔は落書きなどをチラシの裏にでも書いておけなんて言われました
が、最近は両面印刷がほとんどですから、ちらしの裏が白いというのは少なくなりましたね。
裏が白いチラシは落書きようにとっておいたりなどもしたものです。

もちろんとっておいて貰えるという効果は。落書き用やメモ用などですので、まとめて置
いてあるので少ないと思います。
ちらしで長くとっておいて貰えるというのは、そのぶん効果が高くなる可能性を秘めてい
ますが、こういったチラシの裏が白い以外で、どういった方法が考えられるでしょうか。

捨てられないちらしにするためには、例えば1日ごとにこの日限りの特売などを掲載して
1週間ぶんなどを掲載することで、興味がある人には1週間はとっておいて貰えますよね。
もちろん特売というと物販なイメージはありますが、サービス関連でも割引などを行うの
であれば使えるかもしれません。

ちらし広告をなるべく捨てられないようにするには、他にも有益な情報を掲載するという
ものがあります。
もちろん商品情報などではなく、別なことにも使える情報です。

例えばカレンダーなどにすることで1か月ぶんは捨てられないなども考えることも出来ま
すよね。

オープンチラシ

新しくオープンするお店というのは、ちらし広告など宣伝に力を入れますよね。
そして新しいお店というのは、ちらしを見る人もどんなお店なのか気になるものですから
興味のありそうなお店であれば、ちらし広告に目を通してくれる人も多くなります。

ですからオープンチラシというのはかなり重要なものになります。
もちろん新しくお店を出すわけですから、気合が入っていると思います。
ただし、オープンさせるということは、他にも様々な点で忙しい状況になりますから、チ
ラシに対しては代理店任せになってしまったりもしがちです。
実際にお客様を呼び込むために必要なものですから、本来はもっと力を注ぐべきなのです。

もちろん実際に来店して貰って、お客様が満足しないような状態のお店にしてはいけませ
んから、オープン準備でお店に力を注ぐのは当然のことです。
しかし、一番の集客が見込めるチラシに力を注がないのは実にもったいないことでもある
のです。

あとから挽回しようと思うと、中々大変で時間や費用もかかってしまうことも多いですか
らなるべくオープンチラシの力を入れることも大事です。
そういったことも考えつつ、オープン日も調整する必要もあるかもしれませんね。

読みやすさを考えよう

ちらし広告を行う場合には、注意したいことがあります。
それはあまり内容を詰め込み過ぎないということです。
よく見かけるチラシなどでは、多くの強みなどを詰め込み過ぎて何が言いたいのかわから
ないチラシというものになっているものもあります。

ちらし広告は紙のサイズにもよりますが、多くの情報を掲載してしまうととても見る気が
起きないものになってしまいます。
メールなどの文章でもほとんど改行をしないで文章を送ってくる人もいますが、凄くみず
らいですよね。

チラシの限られたスペースの中で、多くのことを語ろうとするとどうしても行間などスペ
ース、余白が少なくなってしまいます。
余白が少ない文章というのは、どこで区切って読んで良いのか分からずに、知らず知らず
のうちに苦痛になってきます。
苦痛を感じるものは読む気が失せてしまいますよね。

ちらし広告というのは読み手は読む義務はありませんから、興味がない、苦痛だと感じた
ら見ることを辞めてしまいます。
また、苦痛を感じさせるというのは、悪いイメージを持たれてしまうということもあるの
です。

是非、詰め込みすぎはやめて、読みやすさを追求しましょう。
そうすることで今までよりも読んでくれる人が増えますよ。

keep looking »