違った触体も考える

ちらし広告は、そろそろ時代的にも入れるべき触体を考える必要がありますね。

新聞での折込ちらしだけでは、訴求できない人たちが増えています。

それは新聞の契約者が減ってきていることにあります。

新聞にいれなければどこに入れたらいいのか?

直接ポスティングするという方法もありますね。

また、自分たちでの作業は他の仕事があって無理なかたも多いでしょうが、その場合は
ポスティング業者などもあるので、単価を確認して折り合いがつけば依頼するのも良いでしょう。

以前ポスティング業者と打ち合わせをしたことがあるのですが、単価も安かった記憶があります。

なにぶんちょっと古い記憶ですので、現在の状況はまた違っているかもしれませんが……

他にフリーペーパーなどに挟みこんでもらう方法もあります。

意外とお得な情報やクーポンなどが付いていたりすることが多い、フリーペーパーは目を通す人も
多いかもしれませんね。

そんな中に折込ちらしが入っていたら、目を通してくれる人も多いかもしれませんね。

フリーペーパーに広告を載せるというだけでなく、フリーペーパーにはチラシを挟むこともほとんどの
業者が可能なはずです。

是非、ちらし広告を新聞折込だけにとらわれず、見込み客となるかたの手元に届く方法を考えましょう。