地域密着なほどチラシを使おう

ちらし広告を使って集客をする、売上をあげるというのは昔から行われている手法ですよ
ね。

中には全国規模でチラシを入れるところもあるくらいです。
通販型の商売の場合は全国が対象エリアになりますから、当然ちらし広告も全国規模にな
りますよね。
ただし、今はネット通販が全盛になってきていますから、全国規模でチラシを入れるとい
方法よりもネット上で広告宣伝費を使うほうが多くなっているかもしれませんね。

逆に言えば小さい店舗であってもネット上では全国を相手に販売できますから、ビジネス
チャンスと捉える人も少なくないと思います。
実際のお店はほとんど倉庫と化しているというところも少なくないようです。
こういった背景があって、広告宣伝費の中でもネットでの広告が伸びているということも
あります。

ネットでの広告の場合のデメリットを言えば、範囲が広くなりすぎるという点にあると思
います。
範囲を絞るにしても県単位などでしか出来ない為に、通販型や営業エリアが広いなどでな
ければ使えない点にあるということです。

ですから地域密着になればなるほど、ちらし広告などの媒体が重要になってくるのです。
きめ細かい宣伝を考えた時に一番使いやすい媒体ということですね。