読みやすさを考えよう

ちらし広告を行う場合には、注意したいことがあります。
それはあまり内容を詰め込み過ぎないということです。
よく見かけるチラシなどでは、多くの強みなどを詰め込み過ぎて何が言いたいのかわから
ないチラシというものになっているものもあります。

ちらし広告は紙のサイズにもよりますが、多くの情報を掲載してしまうととても見る気が
起きないものになってしまいます。
メールなどの文章でもほとんど改行をしないで文章を送ってくる人もいますが、凄くみず
らいですよね。

チラシの限られたスペースの中で、多くのことを語ろうとするとどうしても行間などスペ
ース、余白が少なくなってしまいます。
余白が少ない文章というのは、どこで区切って読んで良いのか分からずに、知らず知らず
のうちに苦痛になってきます。
苦痛を感じるものは読む気が失せてしまいますよね。

ちらし広告というのは読み手は読む義務はありませんから、興味がない、苦痛だと感じた
ら見ることを辞めてしまいます。
また、苦痛を感じさせるというのは、悪いイメージを持たれてしまうということもあるの
です。

是非、詰め込みすぎはやめて、読みやすさを追求しましょう。
そうすることで今までよりも読んでくれる人が増えますよ。