ちらしは邪魔なもの?

ちらし広告というのは、自ら宣伝することですよね。
ちらしの場合は、当然ですが欲しくない人に対しても配布してしまうということがあります。

ですから敬遠されるものでもあるわけです。
街中でビラ配りなどをしているのは、なかなか受け取る人が少ないですから、少しでも受
け取って貰いやすいようにティッシュなどにしているわけですよね。

夏などには工夫をしてうちわなどを宣伝に使うということもあったりします。
使って貰えるものを渡すことによって、受け取りやすく工夫をするわけですから、ただの
ちらしでは、なかなか配布は難しいということから、配布を新聞折込などにしたりして半
ば強制的に配布をする方法を使うわけです。
言い方は悪いですが、ほとんどの人にとってちらし広告というのはいらないものでもある
のです。

ですが、なかには欲しいと思っている人に届いたちらしは、ちょうど良かったと思ったり、
値段が安くて得した気分になるなど、なかにはこんなちらしを待っていたと思ってくれる
人もいるのです。

ですから、そういった人をターゲットにして、チラシを作っていくことが大事なのです。
商品のターゲットになり得る人に向けたチラシデザインであったり、文章なども求められ
るということですね。