増税のチラシのキャッチコピー

今年は暑いですね。
暑いとエアコンなどで電力の需要がかなり増えますが、節電要請までは出ない状態まで復
活してきましたね。
とはいえ燃料を海外から輸入に頼っていますから貿易収支は赤字になってしまっています
が、貿易赤字は日本では震災以前ではあまり考えられない状況でしたよね。

そして今は円安傾向ですから、当然輸入するにも高くついてしまうわけですね。
電気代の値上げなど庶民の生活は、すこしずつ厳しくなっているような気もしますね。
そして来年度に控える消費税の増税がどうなるのかということも気になるところです。
ちらし広告にも当然増税したら影響してきますよね。

少なくとも増税になるとものの値段は増税分あがるということになりますし、増税で値上
げですので会社が儲かるわけではなく、消費者に給与に反映されるわけでもありませんか
らなかなか大変な状況にもなってきますね。

そして消費税還元といった謳い文句は使用禁止ということまで出てきていますから、
ちらし広告のキャッチコピーを考えるときも、制限のあるなかで考えなければなりません。
意外とちらしに影響が出ることだと思いませんか?

ものの値段もあがりチラシのキャッチコピーも制限されるとなると、チラシを作る際には
柔軟な発想が求められますね。