どのような時に使う、どのような人への商品なのか明確に

ちらし広告で重要なことはどんな商品なのかを知らせることではありません。
ちらし広告では商品の内容を掲載することは当たり前のことですから、それだけでは売れ
るちらし作りにはならないのです。

商品をどんな時に使うのか、どういった人に必要な商品なのかを説明することが大事なの
です。
どんな時に役に立つものなのかを記載することによって、商品を購入してどんな風に使っ
ているのか、購入後の自分の姿を想像しやすくなります。

人は必要のないものは購入しませんから、必要だと思って貰えるような提案をすることが
大事なのです。
そいて、どういった人向けなのかということを記載することで、実際に記載されているこ
とに合致する人は、そのチラシが自分に向けて情報発信をしているものだと認識してくれ
るようになります。

そうなるとチラシもじっくり見てくれるようにもなります。
数あるチラシの中でじっくりと見て貰うというのはなかなか難しいものです。
しかし、ターゲットへ向けた明確な表示があることで、ターゲットになる人は共感を感じ
てくれるようになりますから、そのチラシに対して時間をかけて見てくれるようにもなる
のです。
ちらし広告は見て貰えなければ始まりませんよね。