ちらし広告が重要な提示になる

先日宅配でお寿司を注文したら一緒にクリスマスと年末年始にお寿司を勧めるチラシも渡
されました。
やっぱり時期ですよね。
通常クリスマスと言えばチキンとかケーキとかですが、やっぱり日本人はお寿司が好きで
すからクリスマスにかこつけてお寿司を食べるという人もいることでしょう。

年末年始はお節料理などが一般的ですが、やっぱりお寿司も日本料理の代表のようなもの
ですから人が集まったりなどで注文したりもしますよね。
昨年はなんだかんだでお寿司を注文してしまいましたからね。

何を言いたいのかと言うとこういった時期は商機が高く、宣伝することが非常に大事であ
るということです。
ちらし広告を渡されたことでお寿司にするという選択肢も出てくるようになります。
クリスマスの料理はチキンではなくお寿司になる家庭も出てくるかもしれないということ
ですね。
宣伝しなければ、お寿司という発想を持たない人もいたことでしょう。

だからちらし広告は凄く重要なのです。
新たな選択肢や可能性を提示してあげることで、売上アップにも繋がるわけですね。
そして予約して貰えるということは食品などに関してはロスを軽減することが出来ますの
で非常に利益を考えたときにも有効であるということです。
注文数が決まっていれば食材の仕入れもそれに焦点を合わせればいいわけですからね。