ちらし広告がベストですか?

ちらし広告は比較的安価にできる宣伝媒体なので、積極的に利用される方も少なくありません。
特に新規に飲食店をオープンする場合には、オープン日時と割引クーポンをつけたちらし広告を打つのはいい方法だと思います。しかし、本当にちらし広告だけで集客を図ることが出来るでしょうか?

例えば、駅近くの飲み屋さんがオープンする場合を考えてみましょう。

その駅を利用している住宅街に折り込みちらし広告を入れて、お店のオープンを知らせたとします。お店は会社帰りのお父さんに立ち寄って欲しいお店ですが、少し駅から離れた裏道にあります。ちらし広告に詳しい地図を入れたのですが・・・。

ちらし広告の効果はいかばかりでしょうか?

大量のスーパーの特売ちらしにまぎれて入っていた場合、家庭の主婦にはあまり関係のないちらしはすぐにゴミ箱行きです。肝心のお父さんが新聞を見る頃には朝の食卓にちらしが無いことは想像に難くありません。例え食卓にそのちらしがあったとしても、ちらしチェックの習慣のないお父さんの場合、見つけることはないでしょう。

やはり、駅前の飲み屋さんであれば花輪や立て看板、駅前での手配りちらしなどの方が効果は高くなります。もちろん、折込ちらしも効果がないわけではありませんが、費用対効果を考えた広告媒体を選択することが大切です。

ちらし広告に限らず、自分のお客さんは誰なのかということを常に意識しておくことが重要なポイントになります。