ちらし広告;マンション見学会

ちらし広告の反応率アップのためのポイントについて考えてみましょう。
ケーススタディとして新築マンションの見学会告知チラシについて。上質の紙にマンションの外観、間取りなどをデザインしたちらし広告ですが、週末の見学会を告知するちらし広告の場合、目的はなんでしょうか?

[目的]
マンション見学会の告知ちらしの場合、作成目的はマンションを売ることでしょうか。もちろん、マンションデベロッパーの事業はマンションを売ることですから、間違ってはいません。しかし、ちらし広告でマンションを売ろうと思ってはいけません。

このちらし広告の目的は、見学会に来てもらうことが目的です。現場に足を運んでもらうことが目的ですから、訴求ポイントはマンションの価格や売り込みではありません。ここがポイント。

そのマンションは就学児童を持つ20~40代の核家族向けなのか、シニア向けなのかによってもターゲットは違ってきますが、見学会に来て欲しいターゲットを明確にしておくこと。

それから、マンション見学会が即売り込みにつながらないことをメッセージとして盛り込むこともポイントでしょう。あくまでも詳しい情報、資料を手に入れてもらうためのチャンスだと認識してもらうことが大切です。

来場特典を用意して来場誘引することはもちろん必要ですが、プレゼントの対価として何かを求めるような雰囲気を醸しだしてはいけません。顧客には敏感にそういった雰囲気は伝わってしまいます。