ちらし広告;新車ディーラーのちらし

今回は新車販売のディーラーのちらし広告について。
前回のマンション販売と同様に、新車販売ディーラーも週末に試乗会や新車発売に合わせてちらし広告を打ちます。マンションや新車、それに増改築リフォームなどの高価商品の場合、ちらし広告だけで売り込もうとしてはいけません。ちらし広告を見ただけで、お店にやってきて購入を決めるというケースは稀です。ほとんどないと言ってもいいでしょう。

[目的]
新車販売ディーラーのちらし広告の目的は週末の試乗会来場促進、メーカーから新発売された新車のスペック情報掲載を主目的としましょう。いつか新車を買うときに足を運んでもらえるように、日頃から気軽に寄ってもらえる販売店かどうかがポイントなのです。

試乗会や週末イベントを実施する目的はクルマを買ってもらうことが最終目的としてあったとしても、それを前面に押し出すのは逆効果です。

お客さんが実際に新車を買う場合、メーカーのホームページもチェックしますし、販売店のホームページも見ます。試乗できる販売店かどうか、クチコミサイトの評判はどうか、割引はあるのか、オプション特典は?ちらし広告だけで購入する販売店を決めることはありません。

だからこそ、ちらし広告の目的を『来場誘引』に絞るというのも一つの方法です。とにかく試乗してもらう、詳しい説明を聞いていただくことに目的を絞るのです。新車は安い買い物ではありません。お客さんは絶対に失敗したくないのです。その心理を理解した上でチラシ印刷をする必要があります。